« 西多賀旅館の温泉の効能について | トップページ | 第65回全国こけし祭り »

2019年8月18日 (日)

西多賀旅館の温泉の効能について②

みなさん、こんにちは。

先日は台風の影響で天候が荒れた地域が多くなりましたが、

みなさんのお住いの地域は大丈夫でしたか。

台風が去っても、各地で猛暑が続いていますよね。

鳴子でも今日は気温が30度を超え、ミンミンゼミが

外で元気いっぱいに鳴いています。

さて、前回、西多賀旅館の温泉の効能を書いてみましたが、

今回はその続きです。

Photo_20190818151601

皮膚についての効果と同じように、よくお客様から感想を頂くのが、

関節痛への反応です。関節のなかでも、「膝が痛くて…」と仰るお客様が多いのですが、

湯治で数日入浴している間に、「階段を上るのが難しかったのに、

上がれるようになったよ!😃」という嬉しい感想をよく頂きます。

温泉に入って血流が促進されるせいなのか、筋肉が温まって関節の動きが

スムーズになるためなのか、詳しい理由はよく分かりませんが、

喜んでいただける方が多いように感じます。

Photo_20190818151602

当館の温泉は、”あたたまりの湯”と呼ばれるように、体の芯から

じっくり温める作用が非常に高いと思われます。

実際、「すごいね、体がぽかぽかして、汗が噴き出してきたよ」という

感想が数多く寄せられます。個人的には、デトックスに最適なのでは、と

思っています(^^;)。体の中に溜まった老廃物を、汗と一緒に排出

しちゃいたい!という時に、ぴったりではないかと。

これは、特に若い女性におすすめで、夏なのにもかかわらず、

長湯をしていかれる方もいらっしゃいますよ。

(ただ、入浴後はたくさん汗をかきますので、水分補給をお忘れなく)。

Photo_20190818152701

あたたまりの湯の効果として、もう一つ挙げられるのが、よく眠れることです。

普段はみなさんお仕事などで忙しくされていて、湯治宿では

のんびりリラックスできるからよく眠れる…のかもしれませんが。

湯治を始めると、「夜ぐっすり寝たのに、昼間も寝ちゃった」と仰る方が

多いです。最初の数日間で温泉の成分が作用し、なんともいえず眠くなるので、

その間にゆっくり休むと、それ以降は体が軽くなる、というのが、

昔から湯治でよく言われていることです。

「なんとなく眠いな」「体が少し重いかな」というのは、温泉の好転反応だと思うので、

無理をせず、休養してみてください。ただ、温泉に入る回数が多すぎたり、

相性が合わなかったりすると、稀に”湯あたり”の症状が起きる場合があります。

初めは少しずつ 入るようになさってくださいね。

Photo_20190818161301

さてさて。本日の最後は、昨日の朝に見つけたツクツクボウシ君です。

(虫が苦手な方、ごめんなさい!)

お客様が帰られた後、2階から大音量で「ツクツクボ~~シ!!」

が聞こえてきました。何事かと思って2階に上がると、

小柄なツクツクボウシ君が、網戸に(笑)。

体は小さくても、羽をめいっぱいふるわせてスピーカーさながらの大音量。

カメラを向けていたら、間もなく飛んで行ってしまいました。

今日もどこかで、元気に鳴いているのでしょうね。

 

« 西多賀旅館の温泉の効能について | トップページ | 第65回全国こけし祭り »